AMATEUR

フューチャーキング・トーナメント特別規程

※DEEPフューチャーキング・トーナメント特別規程の基礎ルールとして適用されるプロルール(DEEP競技運営機構MMAルール)は[RULE]ページをご参照ください。

アマチュアMMA競技規程

※アマチュアMMA競技規程の基礎ルールとして適用されるプロルール(DEEP競技運営機構MMAルール)は[RULE]ページをご参照ください。


DEEP事務局主管にて実施される「DEEPフューチャーキング・トーナメント2017」の出場選手募集要項は次のとおり。


▼開催日・場所

2018年2月24日(土) 東京・ディファ有明


▼採用ルール

DEEPフューチャーキング・トーナメント特別ルール

-プロルールとの主な相違点-

・決勝戦5分2R、決勝戦以外は5分1R

・グローブは主催者が用意したアマチュア用グローブを使用

(その他競技用具はプロと同様)

・公式計量は当日のみ

・0.45kgの許容重量は認めない

・全試合マスト判定

・ヒジによるあらゆる打撃行為が禁止


▼階級(6階級)

各階級最大16名

当日中に1回戦から決勝戦まで実施

フライ級(56.7kg以下)

バンタム級(61.2kg以下)

フェザー級(65.8kg以下)、

ライト級(70.3kg以下)

ウェルター級(77.1kg以下)

ミドル級(83.9kg以下)

※計量は当日実施で0.45kgの許容重量は認めない


▼出場資格

・健康で感染症のない16歳以上の男子。

・適切な医療従事者により、HIV、B型・C型肝炎の検査を受けその証明書を提出すること。(証明書は試合日から1年以内のものであれば可)

・本大会から45日以内に、あらゆる試合においてKO、もしくはTKOをされていないこと。

・スポーツ安全保険、またはそれ相当の保険に加入していること。


▼申し込み方法

申込書(DEEP公式HP「http://www.deep2001.com」で入手)に必要事項をご記入の上、

HIV、B型・C型肝炎の血液検査証明書とあわせて、DEEP事務局宛てに送付。

※郵送・FAX、どちらでもかまいません。


▼募集期日

2017年2月5日(月)


▼その他

各階級、応募者が16名を越えた場合は、書類選考をさせていただきます。

出場決定者にはご案内をお送りします。


▼問い合わせ:DEEP事務局 TEL03-6908-6455

info@deep2001.com


(情報提供:DEEP事務局)



[シリーズ] 12.3新宿DEEP JEWELS 18 アマチュア出場4選手インタビュー



やるからには、私もプロを目指したいです!/川村虹花インタビュー

アイドルグループ『仮面女子』からMMAに挑戦する川村虹花選手。

プロ興行での試合ではあるものの、アマチュアマッチからの挑戦となる。

「やるからには、私もプロを目指したい」

アイドルという華やかな舞台とは真逆の空間で激しく動き回るストイックな姿から、

彼女のMMAに対する本気度が垣間見えた。

(取材:DEEP事務局)



本気でぶつかり合ってみたい

――川村さんのMMA挑戦は色々と驚きが大きかったのですが、川村さん自身は以前からMMAの練習をしていたんですよね。


今年からですけど、発表する前からずっと練習を続けてきました。 


――プロレスにも挑戦されていましたが、MMAも始めたいと思ったのはなぜですか? 


MMAの試合を見に行ったことがあって、ものすごく興味を持ったというか、とにかく自分でもやってみたいと思ってしまいました。


――それまでは、あまりMMA自体は見ていなかった感じですか。 


いや、会場で見たのはその時が初めてでしたけど、テレビでは以前からRIZINを見ていたので、RENA選手とか他の選手のことも知っていました。 


――今回、初めての試合がDEEP JEWELSということになりますが、DEEP JEWELS自体に何か印象をお持ちですか。


女の人なのに男の人並みに本気でぶつかり合って、みんなかっこいいな!と思うし、それがMMAだと思いますし、私もそこで試合できることが本当に嬉しいです!


――もう自分もMMAをとことんやりたいと。 


私もあんな風に本気でぶつかり合ってみたいし、そのためにはとにかく練習するしかないと思っています。



練習は月曜から土曜まで

――アイドル活動も忙しいかと思いますが、そんな中で練習は出来ていますか? 


基本的には月曜日から土曜日まで毎日やっていて、朝の9時から夕方の4時くらいの間で練習をやっています。 


――かなりコンスタントに練習しているんですね。その中身はどんな感じですか。 


曜日代わりで、ランニング、筋トレ、打撃、寝技、柔術という感じで、ジムのコーチやプロ選手の方々にアドバイスをいただきながら頑張って練習するって感じです。 


――同じジムにはRIZINに出ている村田夏南子選手、才賀紀左衛門選手、藤田大和選手やDEEP JEWELSに出ている杉山しずか選手なども練習に参加されているようですね。 


はい、プロの選手がたくさんいらっしゃいます。プロのみなさんは当たり前ですけど本当に強い方なのに、私なんかの練習にもしっかりと付き合ってくれますし、私が間違えていたらちゃんと教えてくれます。 


――そんなにたくさん強い方が周りにいて大丈夫ですか(笑) 


みなさん普段はとても優しくて、それでいて強い選手なので、そんな方たちと一緒に練習できることはとても嬉しいし、私にとっては本当に頼もしい存在です。 



MMAもアイドルも真剣勝負

――プロレス関係者から川村さんの身体能力の高さを評価する声もありましたけど、プロ選手に混じって練習に参加するにはそれなりの体力がないと難しいと思うのですが、やはり以前から何かしらのスポーツをやっていたということですよね。  


小学3年生から中学3年生までバレーボールをやっていたので、10年くらいずっと運動はしてました。 


――しっかり運動してますね。それなら体力も問題ないですね。 


バレーボールで体力がついたかどうかはわかりませんが、仮面女子のライブでもずっと動いてますし、それなりに体力がないと難しいです。私にとっては、MMAもアイドルも本当に全力で向き合わないとやりきれないものだと思ってます。 


――全力でMMAにも取り組んでいるということですね。 


もしかしたら色々なご意見があるかもしれませんが、私はMMAもアイドルも全力で頑張りたいと思ってますし、私にとってはどちらも真剣勝負です。 



相手の打撃に警戒

――12月3日に初めての試合となりますが、今回はアマチュアマッチで防具無しのSPルールでの試合となりますが、不安とかはありますか。 


あります!やっぱり練習と試合は違いますし、練習したものが試合で出せるかどうかが大事だと思うので、緊張に負けずにやってきたことを出せたらいいなと思います。 


――自分が試合するルールの中身は大丈夫ですか? 


バッチリです!ちゃんと把握しています。 


――そして、今回の試合ですが、対戦相手もMMAが初めての試合となります。 


初めてと言っても、アマチュアボクシングの経験があって3年もやっていると聞いているので、打撃には十分注意しないといけないなと思ってます。 


――やっぱり相手の打撃には警戒していると。 


そうですね、試合は何が出てくるかわからないと思うので。でも、MMAは打撃だけじゃなくて組技もあるし、そこはトータルで考えておかないといけないなと思ってます。 


――ちなみに川村さんは打撃と組技ではどちらに自信が? 


打撃です!でもMMAですから、いろんなことを試合で出せるようにしておきたいです。 



仮面女子に関わるみんなと一緒に

――参戦が発表されたライブ会場でもミット打ちを披露されてましたね。 


ライブの途中だし、ライブ衣装でのミット打ちはちょっとやりづらかったです(笑)。本番ではもっといい打撃が出せるようにします! 


――仮面女子の他のメンバーの方もミット打ちの姿に圧倒されている様子でしたけど、MMA挑戦が決まってからメンバーの方の反応はどうですか。 


心配されます…もちろん応援もしてくれますが、大半は心配、大丈夫?という声が多いですね。 


――当然、心配はしますよね。 


気持ちはわかります。私だって心配がないわけではないですから。でも、応援してくれるメンバーがそばにいるっていうのは、私にとって本当に大きいですし、自分でやりたくて始めたMMAですけど、今は仮面女子のメンバーやファンの方たちのためにも試合を頑張りたいなって思うようになりました。だから、試合のコスチュームや入場曲は仮面女子らしさを前面に出せるようなものを考えていて、ここは私のわがままですけど、気持ちだけでも仮面女子に関わるみんなと一緒に戦いたいなって。 


――自分に関わる周りの人を思いながら試合に挑むということですね。 


はい、いつも朝から夜まで一緒に練習してくれたジムの方もみんな一緒に。 


――さて、今後の目標はいかがですか? 


この試合だけでなく、どんどん試合をやっていきたいです!やるからには、私もプロを目指したいです。 


――それでは最後に、仮面女子や格闘技を見てくれているファンの皆様へ何かメッセージをお願いします。 


MMAはシビアなスポーツだと思っています。そして真剣勝負です。私がアイドルだからどうだとか、色々と言われるかもしれませんが、顔がボコボコになっても勝ちを狙いに行くので、応援してください!      


2017年12月3日(日)DEEP JEWELS18

■アマチュアマッチ( SPルール)アトム級 3分2R 

川村虹花(仮面女子) 

REICA(ISHITSUNA MMA GYM) 

問い合わせ:DEEP事務局

[シリーズ] 12.3新宿DEEP JEWELS 18 アマチュア出場4選手インタビュー



MMA初戦は仮面女子!アマチュアボクシングで培った打撃を武器にDEEP JEWELS出陣/REICAインタビュー

アマチュアMMA初戦となる REICA選手。

対戦相手など自分には関係なし。ただノックアウトを狙うのみ。 

そんな意気込みを感じた。

(取材:DEEP事務局)



アマチュアボクシングからMMAへ

――REICA選手は、今回がMMAデビュー戦ということになりますね。 


はい。でも、以前からアマチュアボクシングをやっていたので格闘技自体は初めてではないですし、そんなにデビュー戦というような意識はあまりないです。でも、DEEP JEWELS
は初参戦なので今から楽しみです。 


――ボクシングをやっていたということですけど、なぜMMAをやろうと思ったんですか。 


自分からというより、周りの人から「MMAに挑戦してみたら?」と言われたのがきっかけですね。まあ、周りも言ってるし、それならやってみるかみたいな(笑)。 


――ボクシングをやっていたし、MMAでも通用するという自信も多少あったということですよね。


いや、実際にボクシングとMMAは別競技ですから、いきなりMMAで通用するなんて思っていませんでしたし、そこは今も変わりません。でも、MMAをやるにあたって、パンチを全く知らないで始めるよりは、入口が多少違うかなとは思いました。 


――たしかに入口の部分で言うと、パンチを何も知らない人よりは差は大きいかもしれませんね。 



自信があるのは打撃 

――今はどの程度練習されているんですか? 


仕事もあるので、今は週3回から4回程度ですかね。マスとスパーを重点的にやってます。 


――そこは、やはり打撃中心ですか? 


自分が自信を持っているのは組技より打撃ですから、そこを最大限に伸ばせるような練習にしたいとは思ってます。でも、今わたしがやっている競技はMMAなので、バランス良くやっていくことを心掛けています。

――今回試合に出るということは、実際にMMAファイターとして順調に練習が出来ていて、そろそろという感じからですか。 


自分では、もうどんなルールでもやりたいと思ってました。それだけいい練習が出来ていますし。でも、まだアマチュアですからね。そこは焦らずやりたいです。 


――今回はアマチュアマッチで、防具無し、パウンド無しのSPルールということになりますが。 


いや、わたしはどんなルールでもいいと思ってたので、何でもいいです。 


――そうですか、なかなか力強いですね。対戦相手も何でも(誰でも)いいですか?(笑) 


まあ、そこも何でも(誰でも)いいです(笑)。 



JEWELSは美人な方ばかり

――今回は対戦相手が話題になってますよね、仮面女子の川村虹花選手ですが。


最初、格闘技を甘くみてるのかなという印象を持ったんですけど、DEEP JEWELSは凄く美人な方ばかりですし、こんな人が戦うの?というような世界でもありますからね。 


――たしかに。


山崎桃子さんのダンスとか、ものすごく印象的でしたから。正直、それを見てDEEP JEWELSで試合をしたいなとも思いましたし(笑)。 


――そこもきっかけだったんですね(笑)


はい(笑)。だから、今回のようにアイドルの方と試合するのは、わたしとしては“あり”なことです。向こうもしっかりと練習してくるでしょうし、お互い決められたルールの中でアマチュアらしく堂々と真っ向からやり合えたらいいですね。


――いい試合になることを期待しています 。今回はアマチュアマッチということですが、いずれはプロでの試合を目指していくということですか。 


もちろんです。話はいきなり飛びますけど、RIZINに出ることを目標にしてます。女子格闘技が盛り上がっているのもRIZINという大きな舞台があるからだと思いますし、自分もあんな舞台で試合することが夢ですね。


――まずは、12月3日の試合がスタートですね。 


はい、頑張りたいと思います。女子格闘技をもっともっと盛り上げられるようにわたしも努力しますので是非会場で応援してください!!   


2017年12月3日(日)DEEP JEWELS18 

■アマチュアマッチ( SPルール)アトム級 3分2R 

川村虹花(仮面女子) 

REICA(ISHITSUNA MMA GYM)

問い合わせ:DEEP事務局